おりものについて紹介しているサイトです。

 

おりものは「日ごろの女性の健康のバロメーター」になります。

 

実際におりものの症状から判明する病気も存在します。

 

日頃からおりものチェックを心がけることが大切です。

 

 

 

 

 

おりものは体調をチェックする役割がある

 

また、おりものは雑菌が腟の中に入るのを防ぐ働きがあります。健康であっても分泌されるのが普通ですが、量が多いことで不快な思いをしてしまう困ったものです。

 

おりものの色や量、においに異常があり外壁部の痒みや痛みを伴う状態の時は治療が必要となります。

 

特に女性の身体はデリケートなので、病気の時はいろんなサインを送ってくれる重要な役割をしてくれるんですね!

 

おりものとは、子宮や膣から出る粘液状の分泌物で、「帯下(たいげ・こしけ)」ともいいます。

 

女性ホルモンと密接な関係があり周期的にその性状や量が変化していきますが、子宮・卵巣の病気や性感染症のような病気の時に、おりものに異常があらわれます。

 

何事も早期発見が重要となります。

 

おりものなどに関する異常なども「不正出血が少し出る」と軽く考えていると、後々医師による診断を受けた際、重大な病気であったといったことも多々あります。

 

自分で勝手に判断せず、必ず近所の婦人科等で受診してください。

 

もし、性感染症の疑いがある場合で、どうしても諸事情で婦人科等の病院へ行けない女性には、プライバシーを考慮して自宅で検査できる検査キットがあります。

 

 

 

おりものシートでケアをしよう

 

他には「おりものシート」があります。

 

使用時は汚れの程度にかかわらず、こまめに取り替えて清潔に保つことが重要です。

 

おりものシートを長時間使い続けることは非特異性膣炎や外陰部のかぶれの原因になる恐れがあるので注意してください。

 

使用済みのおりものシートは、ナプキンと同じように廃棄するようにしましょうね!

 

最近は大きさが異なる製品や香りが付いた製品、色が付いた製品等が販売されています。

 

また、月経の終わりかけや尿漏れ対策として使用している女性も多いです。

 

でもシートの機能性を考えるとその場合、ナプキンや尿吸収パッドを使用するほうが快適に過ごせます。

 

なお、使い捨て以外に、布製も販売されていますね。

 

おりものと女性の健康に関して知り、おりものの悩みや不安を解消しましょうね!

 

 

 

妊娠中のおりもの

 

女性は妊娠をすると、自覚症状や兆候が外にあらわれていなくても、からだは刻々と変化していきます。

 

この感覚は、妊娠した人でないとわからないと思います。

 

妊娠してから出産までの10月10日は、心身ともに「ママになる準備」を進めていくための時間なのです。

 

病気ではないけれど、なんとなく体調がすぐれない・・・。

 

妊娠中は、普段の8掛けくらいのスピードと活動量で過ごすようにしてくださいね。

 

からだの変化の中は、すべて「ホルモン」の分泌が変わることによって起こります。

 

特におりものの増加は8割近い妊婦さんが自覚し、その不快感に悩まされるというデータも発表されています。

 

 

 

妊娠初期と後期に多くなります

 

妊娠時のおりものの増加を自覚するのは、妊娠初期と後期に多いようです。

 

初期段階においては、受精卵の着床にともない、子宮内膜を強化するエストロゲンの分泌が増えていきます。

 

そのため子宮頚管の分泌物が増加して、おりものが増えるんです。

 

後期に入ると、今度は出産準備のために子宮を収縮させる方向へホルモンバランスが変わります。

 

言うなれば、赤ちゃんが安全に出てくる道筋をつくってあげるために、妊娠 おりものの量が増加していくわけです。

 

特に臨月になると、この傾向が強く現れます。

 

下着が汚れてしまったり、何か妊娠継続に良くないサインかと不安になったりするおりものです。

 

でも、おりものは妊婦さんと赤ちゃんを雑菌から守るための大切な役割も担っています。

 

妊娠 おりものの変化の中には、病気や妊娠継続に望ましくないサインを知らせてくれている場合もあります。

 

おりものを色や臭いや量などをチェックすることで体調管理にも役立ちます。

 

 

 

妊娠時におりものが多くなる原因

 

妊娠中は新陳代謝が活発になり膣からの分泌液が多くなります。

 

卵胞ホルモンの分泌が増えて、おりものの量が増えるからなんでです。

 

妊娠初期や後期にはおりものの量が多くなります、これは体内に細菌を入れないための自然な反応ですので心配いりません。

 

また、妊娠初期にあらわれる症状で、おりものが増えることがあります。おりものは、女性の性器から出るさまざまな分泌液の集合体です。

 

子宮内膜・子宮頸管の粘液、腟粘膜の分泌液や、はがれ落ちた古い細胞、皮脂腺、汗腺からの分泌液など、さまざまなものが混じり合っています。

 

おりものは、妊娠症状がなくても普段からあるものですが、量や質には個人差が大きく、年齢や体調によっても大きく変化します。

 

おりものの色は、透明や乳白色・クリーム色で、いずれも下着について乾くと、黄色っぽく変化します。

 

おりものの量も人それぞれ違い、特に妊娠中は胎盤から卵胞ホルモンがさかんに分泌されるため、おりものの量が自然に増えます。

 

中でも妊娠初期にある人は、不安定な胎児を雑菌から守るために、おりものの量が多くなるという症状が現れるようです。

 

しっかりとおりものについて知識を吸収してくださいね!

 

気になる方は信頼のおける医師に相談してみてください。

 

 

 

 

 

トップへ戻る