おりものの排卵日や茶色のおりものに関して詳しく知ろう

まずは排卵日のおりものについて紹介します。

 

排卵日の症状はたくさんあります。

 

排卵日の症状はまさに千差万別で、人によってもあらわれる症状は異なります。

 

 

 

 

おりものは月経の周期によって変化します

 

生理が終わると子宮頸管と言われるところから、排卵日に向かって少しずつおりものが出始めます。

 

排卵日に近づくとネバネバした「おりもの」が増え始め、排卵日前後にはサラサラとした透明のおりものに変化します。

 

この後おりものの量は少しずつ減り始め再び生理をむかえます。

 

おりものが変化する28日周期の場合には、おりものは生理開始日から数えて8日から10日ごろから増え始めます。

 

そして下着にペトペトとする感じや、かたまりのおりものがつく場合があります。

 

また、排卵日が近づくにつれて膣内の水分が多くなって、卵白のようになるまで増え続けます。

 

おりものがこのようになるのは、酸性の膣の中を精子が卵管までスムーズに進めるようにするためなんです。

 

2日から3日はこういった状態が続きますが、最終日をを過ぎると少量の乳白色をしたおりものが2日程度出てきます。

 

清潔にした指で、この粘液を子宮の入り口付近からとり、排卵日のサインなのかどうかを簡単に判断できます。

 

のびるようになっていれば、排卵日のサインで、妊娠しやすい可能性がぐっと高まっています。

 

以上、排卵日のおりものの症状についてでした。

 

 

 

茶色のおりものが出てくる場合

 

ここからはおりものが茶色について紹介します。

 

赤茶色のおりものは、おりものというより、出血の症状のケースが多いです。

 

おりものの色は、赤でも、茶色でも、黒でも、うすいオレンジでも、血液が混じっているということです。

 

もし、月経の前後でのおりものでしたら、それは、月経の一部と考えて問題ないです。

 

月経が終わって1週間くらいしてからある茶色のおりものの場合は、排卵期の出血で、これも数日ならば心配いらないものです。

 

もし、不定期に出血があるなら、ホルモンの活動が少し異常なのかもしれません。

 

また、トリコモナスなどの感染の恐れも考えられるので注意してくださいね!

 

 

妊娠中はおりものが増えてきます

 

妊娠中はホルモンの関係で新陳代謝が活発になり、膣からの分泌液が多くなります。

 

卵胞ホルモンの分泌が増えることにより、おりものの量が増えてくるのですね。

 

妊娠初期にみられる茶色のおりものには「着床出血」と呼ばれるものもあります。

 

おりものの少量の血が混じっって茶色に見える状態です。

 

着床出血は、受精卵が子宮に根をはやしたときに起こる現象で、着床時に子宮内膜が少し溶け、茶色 おりもののような感じで出てきます。

 

出血時期は月経予定日前後、出血量は少量で血の質は薄かったり、茶褐色のおりもののようなものだったり、さらに期間はさまざまで1日から1週間程度ですが、個人差があります。

 

着床出血は妊娠したら必ずみられるものではなく、出血がみられないケースも多いです。

 

産婦人科で妊娠していますと言われると、このような茶色 おりものがあれば、流産ではと心配される方もたくさんいます。

 

妊娠していると医師に診断された後に茶色 おりものや、不正出血がみられたら、必ず産婦人科の先生に相談してください。

 

以上、おりものが茶色の症状についてでした。

 

 

おりものに血が混じる場合

 

おりものの出血が認められるケースでは、雑菌の侵入での感染症の危険があるため、早めに婦人科で診断してもらってください。

 

またセックスの後で、膣が傷ついた場合にもおりものの出血が認められることがあります。

 

性行為によって痛みを感じてしまう場合は、婦人科で診断してもらってください。

 

おりものの血の色が茶色や茶褐色の場合には、子宮頚ガンや子宮体ガン、そして子宮筋腫などがあります。もしくは、卵巣機能不全による出血も考えられます。

 

また、おりものの出血をしたのが出産後の場合には、それは『悪露』と言います。

 

出産の時に胎盤や卵膜が剥がれて子宮に傷ができるのが原因です。

 

その傷から、出産後から一ヶ月ほど、血の混じったおりものが出てきます。

 

悪露である場合は、出産後に必ず誰もが経験する事なので、特に必要以上に心配はしなくても問題ありません。

 

一ヶ月以上悪露が続く場合や、悪露の色などに変化が見られた場合は産婦人科で相談しましょうね。

 

以上、おりものに血が混じるについてでした。

 

トップへ戻る