薄毛に悩んでいるなら育毛剤を試してみようTOP > 薄毛の仕組み・悩み > お酒の飲み過ぎはでハゲになるの?薄毛とアルコールの関係について

 

お酒の飲み過ぎはでハゲになるの?薄毛とアルコールの関係についてについて

薄毛とアルコールには少なからず関係があり、適量であれば問題ないのですが、過度のアルコール摂取は、薄毛の原因となってしまいます。

薄毛とアルコールの因果関係については、飲んだお酒は肝臓で分解されるのですが、その際に、「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質が生成されます。


アルコール




アセトアルデヒドの特性



アセトアルデヒドには毒性があるのですが、最終的には「酢酸」という無害な物質に分解されます。

しかし、分解される過程で、大量のアミノ酸とビタミンを消費してしまいます。アミノ酸やビタミンは、髪の成長に必要な栄養素でもありますので、結果的に、アルコールを分解するために、髪の栄養素が使われることになります。

つまり、間接的ではあるのですが、髪の成長に必要な栄養素が飲酒で奪われ、薄毛の原因となるというわけです。




過度な飲酒はDHTを増加させます



また、過度に飲酒すると、肝臓で生成されたアセトアルデヒドの分解が間に合わず、毒性を持ったアセトアルデヒドが血液の中に取り込まれて、体内を循環するようになります。

血中に取り込まれたアセトアルデヒドは、薄毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を増加させてしまいます。

さらに、アセトアルデヒドは、睡眠を妨げる作用がありますので、成長ホルモンの分泌にも関係しています。成長ホルモンの分泌量が少なくなると、元気な髪の毛も育ちません。

アセトアルデヒドは毒性が強く、悪酔いの原因にもなります。




ヘアサイクルにも悪影響



アルコールの髪の毛に対する影響は、そのほかにもあります。過度の飲酒で肝臓に負担がかかると、自律神経のバランスが乱れ、血液の循環が鈍くなります。

また、全般的にアルコールは糖質を多く含んでいますので、頭皮の皮脂分泌を促進させてしまいます。

結果、頭皮の毛穴を塞いでしまい、髪の毛の成長を阻害してしまうというわけです。お酒を飲みすぎると、正常なヘアサイクルが保てなくなります。




節度のある飲酒を心がけて下さい



前述しましたように、お酒は適量であれば、リラックス効果もありますし、血行促進やストレス解消効果もあり、「百薬の長」とも呼ばれています。

たしなむ程度であれば、体への悪影響はないのですが、度を越した多量のアルコール摂取は、薄毛の原因となってしまいます。

そのほか、体の広範囲にさまざまな悪影響を及ぼしますので、節度のある飲酒を心がけるようにしましょう。




まとめ



お酒が好きな方の場合には、薄毛を気にするあまり、大好きなアルコールを我慢することによってストレスがたまり、逆にそのストレスが薄毛の原因となる場合もあります。

ハゲ対策のために、まったくお酒をやめてしまい禁酒するという選択は、お酒が好きな方には、ストレスというリスクを伴います。

このような状況を回避するために、毎日缶ビール1本であるとか、3日に1回お酒を飲むといったように、自分自身でルールを決めて、飲酒されることをおすすめします。

でも飲み過ぎには注意して下さいね!





 

薄毛の仕組み・悩み記事一覧

気になる!男性ホルモンと薄毛の関係はあるの?

AGA(男性型脱毛症)の主な原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの存在が挙げられます。このジヒドロテストステロンは、毛乳頭の受容体と結合し、毛母細...

額の生え際が薄くなるM字ハゲの特徴とその治療方法

いわゆる「M字ハゲ」は、前頭部の両サイドの生え際から、髪の毛が後退していくハゲ方のことであり、前から見ると英文字の「M」の文字のように見えることから名付けられました。AGA...

お酒の飲み過ぎはでハゲになるの?薄毛とアルコールの関係について

薄毛とアルコールには少なからず関係があり、適量であれば問題ないのですが、過度のアルコール摂取は、薄毛の原因となってしまいます。薄毛とアルコールの因果関係については、飲んだお...

早期に育毛ケアを始めよう!若ハゲの原因と対策について

薄毛が気になる年齢としては30代あたりからが多いですが、早い人であれば20歳を過ぎた頃から、若ハゲが進行し始めるようになります。若ハゲの原因は、遺伝的なものであったり、スト...