薄毛に悩んでいるなら育毛剤を試してみようTOP > 薄毛の仕組み・悩み > 気になる!男性ホルモンと薄毛の関係はあるの?

 

気になる!男性ホルモンと薄毛の関係はあるの?について

AGA(男性型脱毛症)の主な原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの存在が挙げられます。

このジヒドロテストステロンは、毛乳頭の受容体と結合し、毛母細胞の活動を低下させるという作用を及ぼします。

その結果、へアサイクルが乱れてしまい、髪の毛が成長する前に抜けてしまいますし、抜け替わる度に毛がどんどん細くなり、頭皮の地肌が目立つようになってしまいます。


男性ホルモンと薄毛




AGAの主な原因


AGAの主な原因となるジヒドロテストステロン(DHT)は、そもそもテストステロンという男性ホルモンに、「5αリダクターゼ」という酵素が働きかけることによって、変化して生成される男性ホルモンとなります。

ゆえに、脱毛を防止して薄毛を進行させないためには、5αリダクターゼを阻害して、DHTの生成を抑制すればいいというわけです。そして、多くの育毛剤には、5αリダクターゼを阻害する成分が含まれています。




DHTの生成を抑制する成分


薄毛には、男性ホルモンDHTが大きく関係しており、DHTの生成を抑制するために、有効とされている成分が「フィナステリド」「デュタステリド」「ノコギリヤシ」となります。

フィナステリドは、抗アンドロゲンの一種であり、アメリカ食品医薬品局(FDA)によって、AGA治療薬として認可されている成分です。

デュタステリドは、フィナステリドより効果が高いAGA治療薬であり、2種類ある5αリダクターゼの両方の型に作用します。

また、ノコギリヤシは、ソーパルメットとも呼ばれる薬草の一種であり、天然由来の成分となります。




「ハゲは遺伝する」理由


テストステロンのままでは、薄毛の原因にはなりません。DHTの元となるテストステロンの分泌量には、大きな個人差はありません。

しかし、テストステロンを薄毛の原因となるDHTに変換させる、5αリダクターゼの分泌量に大きな個人差があります。

そのため、5αリダクターゼの分泌量が多い人は、AGAになりやすいということになります。

5αリダクターゼの分泌量は、個人差というよりも、遺伝に関係している可能性が高いとされており、「ハゲは遺伝する」とよく言われるのは、この5αリダクターゼが生成されやすい体質が、遺伝で受け継がれているためです。




まとめ


もちろん薄毛と遺伝は関係しているのですが、遺伝だからと言って簡単に諦める必要はありません。

前述しましたように、育毛剤や専門クリニックにかかるなどして、何らかの方法で5αリダクターゼを阻害するように対処すれば、抜け毛や薄毛の進行を食い止めることができます。

ちなみに、男性の薄毛の大半はAGAであり、おもに頭頂部を中心に薄くなるタイプと、生え際が後退していく、いわゆる「M字ハゲ」と呼ばれるタイプとに大別されます。さらに、頭頂部と生え際の両方が薄くなる人も存在しています。

薄毛のタイプによって適切なケアを施すことも、効果的な薄毛治療を施す際には大切なポイントとなります。




 

薄毛の仕組み・悩み記事一覧

気になる!男性ホルモンと薄毛の関係はあるの?

AGA(男性型脱毛症)の主な原因として、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの存在が挙げられます。このジヒドロテストステロンは、毛乳頭の受容体と結合し、毛母細...

額の生え際が薄くなるM字ハゲの特徴とその治療方法

いわゆる「M字ハゲ」は、前頭部の両サイドの生え際から、髪の毛が後退していくハゲ方のことであり、前から見ると英文字の「M」の文字のように見えることから名付けられました。AGA...

お酒の飲み過ぎはでハゲになるの?薄毛とアルコールの関係について

薄毛とアルコールには少なからず関係があり、適量であれば問題ないのですが、過度のアルコール摂取は、薄毛の原因となってしまいます。薄毛とアルコールの因果関係については、飲んだお...

早期に育毛ケアを始めよう!若ハゲの原因と対策について

薄毛が気になる年齢としては30代あたりからが多いですが、早い人であれば20歳を過ぎた頃から、若ハゲが進行し始めるようになります。若ハゲの原因は、遺伝的なものであったり、スト...