高温期のおりものの症状を把握しておこう

正確な自分の体温の変化を知るために、毎朝基礎体温をつけている、女性はたくさんいます。

 

特に、妊娠を希望している女性、健康が気になる方にとっては基礎体温をつけていることは当たり前で、基本的な事なのかもしれません。

 

日頃から基礎体温をチェックしていれば、大体の自分の生理の周期も分かってきます。

 

それは、体温の変化のグラフを見ていて高温期と呼ばれる時期に入ったり、低温期と呼ばれる時期に入ったりして、その差が歴然と出るからなんですね!

 

 

 

 

高温期にはおりもの量は増えます

 

高温期に、黄体ホルモンと言う女性ホルモンが活発になり、体外に排卵する、その動きを助けるためにおりものの量は増えるのです。

 

高温期には排卵と同時におりものの量が増え、粘り気も出てきます。

 

おりもののニオイは特に無いようです。生理が始まるまでに徐々にその状態は落ち着いていきます。

 

高温期に入ってからは白い乳液のような感じになります。

 

だんだん量が減って、高温期後半は、もう少し硬めになってきます。

 

以上、高温期のおりものについてでした。

 

 

 

おりものの生理前の注意点をチェック

 

おりものの生理前の注意点について紹介します。

 

生理前のおりものとは生理前などに、腟のかゆみ、臭いはさまざまな原因で生じます。

 

症状を理解するためには、おりものの始まった時期、陰部にかゆみ、灼熱感、痛み、ただれがあるかどうか、月経周期との関連性、おりもののみられる頻度や過去にも、おりものの異常があったかどうかをチェックしてください。

 

生理前はおりものの量が増えることはよくあることで、悩んでいる女性も多いようです。

 

おりもののニオイがきつくなり、特にニオイが気になるのも、生理前の時期なんですね!

 

排卵の時期には、おりものの量は多くなりますし、生理前になると増えるおりものの量は個人のホルモンのバランスや状態によります。

 

 

通気性の良いコットンの下着をつける

 

おりものの対処法としては、通気性のよいコットン100%の下着を着けることです。

 

また、清潔を保つ為にも>こまめに取り替えることも大切ですね!

 

おりもの専用のナプキンやライナーを使用する方法も効果的です。

 

清潔に保つために専用のナプキンやおりものシートをこまめに交換するようすることをおススメします^^

 

以上、おりものの生理前の注意点についてでした。

 

 

 

 

トップへ戻る